オックスフォードな日々

とあるオックスフォード大学院留学生のブログ

2

沖縄科学技術大学院大学(OIST)での素敵な3週間

前回の記事から一ヶ月以上ブログを放置していましたが・・、実は日本にいました! 日本といっても、実家に帰ったわけではなく、沖縄科学技術大学院大学(OIST)で行われたOIST Computational Neuroscie…

Continue Reading

3

CourseraでGoogle Hangouts On Airを使ったOffice Hour

以前に「留学準備にCourseraは便利」というタイトルで、CourseraというMassive open online course (MOOC)を紹介したのですが、最近ちょっと面白い新しい試みがあったので紹介します。…

Continue Reading

最初の論文原稿やっと書き終わった。

オックスフォード大学に来てからもう7ヶ月。そういえばこのブログを始めてからまだ一度も僕がどんなことを勉強をしているのか書いていなかったので、今日はそれを少しだけ紹介します。 僕は今、「計算神経科学」という分野で研究をして…

Continue Reading

図書館まで徒歩30秒

今僕は所属するカリッジの敷地内に住んでいます。 オックスフォード大学の数多くのカリッジの敷地内には図書館もあって、自分の住んでいるこの創立50年という若さで5本の指に入るようなカリッジも例外ではありません。 特に僕の部屋…

Continue Reading

遥かなるオックスフォード

アメリカでの学部時代もそうであったが、イギリスにおいても自己紹介の際に専攻や研究に言及することは至極一般的なことである様だ。大学院にもなるとそんな専攻も細分化され、小さな出会いを通じて学ぶ新しい世界に幾度と無く心を弾ませ…

Continue Reading

3

日本人に生まれたからこそ

研究の相方のベトナム人。彼と出会ったのは、丁度今から二年ほど前のことである。一年間同じクラスにいたにもかかわらず、彼の存在すら知らなかったし、おそらく向こうも同じであっただろう。もし、当時のルームメイトだったアメリカ人の…

Continue Reading

2

探究せよ、真理こそ我らのしるべなり

学ぶことが面白い。最近、そう心の底から実感する。「将来、人間の心を持ったロボットを作る。」そんな幼い頃からの夢を胸にアメリカに来てから、もうすぐ二年の月日が経つ。未だに人生の劇的な変化こそ訪れないが、確実に前進しているこ…

Continue Reading

9

情報に踊らされて損をするな

一九九四年に経済学者のブライアン・アーサーにより考案された「エル・ファロル・バー・プロブレム」というものがある。ここにとても良い雰囲気の酒場があるとして、百人の住人がいるとする。例えば、そこに十人の人が訪れたとしたら、彼…

Continue Reading

4

セカンドライフの今

「セカンドライフブームは終わった。」あるいは、「セカンドライフのブームなどそもそも無かった。」などという話をそこかしこで耳にする。しかし一方で、「セカンドライフで流通する通貨の取引高は年間五百億円規模に達し、実に前年比6…

Continue Reading

1 2