オックスフォードな日々

とあるオックスフォード大学院留学生のブログ

STAPの件でも、勝手にダメージ受けてるヤツがいました

朝、ポタポタッ、と窓にぶつかる雨音で目が覚めた。カーテンを開けたところで、そんなに部屋の明るさは変わらない。思ったほど雨は降っていなかったけれど、外は相も変わらぬイギリスらしいどんよりとした天気。 寝ぼけ眼をこすりながら…

Continue Reading

内気でもサマースクール参加しまくれば学会ボッチにはならない 〜計算神経科学サマースクールリスト

「気づけばオックスフォードに来てもう二年。」と前回のブログに書いてからあっという間にまたもう一年。ただでさえ夏の短いイギリスだけど、今年に至っては果たして夏なんてものが本当に存在したのかさえ疑わしい。笑 薄い上着一枚程度…

Continue Reading

7

アトムの夢と留学が教えてくれた可能性。夢を追うということ

9月13日(土)に秋葉原UDXギャラリーで開催されるAmerica Expo 2014 にて、去年の「研究者へのステップとしての学部留学のススメ」に引き続き今年も配布予定の冊子に学部留学時代の話を寄稿しました。「今後の留…

Continue Reading

2

recovery: ウッズホールとケベックとボーフム

気づけばオックスフォードに来てもう二年。そろそろゴールが見えてこないといけないんだけど、去年一年は研究とは関係ない部分で想定外の事が色々とあって結構不安定でほとんど進展がなく結果も出ず・・^^;; 「このままじゃいけない…

Continue Reading

8

初めての講演。

今週は、オックスフォードのCentre for Neural Circuits and Behaviourという研究所が主催のNeuro-Theory Forumで講演をしてきました。このフォーラムは隔週で計算神経科学の…

Continue Reading

2

チュートリアル(個人指導)を受け持つ

去年の暮。指導教官に突然呼び出されてこう言われた。 「来学期から計算神経科学の学部コースが始まる。君にはチュートリアルを受け持ってもらいたい。」 チュートリアルはそのまま個別指導という意味の言葉だけれど、オックスフォード…

Continue Reading

Nothing gold can stay..

前回の記事から気づけば早3ヶ月。明けましておめでとうございます。今年の冬は日本に帰っていました。それにしても、冬に日本に帰るのは本当に何年ぶりだろう。アメリカの大学に行った一年目の冬は、ユーリカスプリングスという小さなち…

Continue Reading

5

博士課程最初の試験、Transfer viva終わったー!

以前に、「オックスフォード大学の一年目は「予備生」」という記事で『博士号課程に入った段階ではProbationary Research Student (PRS) と呼ばれる「お試し期間の研究生」という立場で、一年目の終…

Continue Reading

6

新入生向けの分かりやすい研究プレゼンを追求して…

ついに2年目が始まりました。オックスフォードにやってきたばかりの新入生の表情を見ていると、一年前の自分を思い出しま す。自分の学部では、毎年博士号過程一年目を終えた学生が新入生+教授陣+その他50人ほどに向けて研究に関す…

Continue Reading

3

研究者へのステップとしての学部留学のススメ

9月21日(土)に秋葉原UDXギャラリーで開催されるAmerica Expo 2013にて、カガクシャ・ネットが「カガクシャ・ネット:海外実況中継」と題した冊子を配布予定なのですが、その中に「研究者へのステップとしての学…

Continue Reading

Oblivionと雲外蒼天

オックスフォードはここのところとっても良いお天気の連続。珍しく雲のない綺麗な空だったので部屋の立て付けの悪い窓をガタガタと開けてみた。すると、その青い空とは不釣り合いな肌寒い風が吹き込んできた。オックスフォードはもうすっ…

Continue Reading

4

オックスフォードの日本人学生facebookグループ

最近のオックスフォードはとにかく日本人が多い。今日は、アメリカに帰ってしまう友達と香港人の友だちと一緒にお昼を食べていたのだけれど、やっぱり彼らもこのことが気になって仕方がない様子。「普段はアジア人を見かければほとんど中…

Continue Reading

1 2 3 4 5 8