オックスフォードな日々

とあるオックスフォード大学院留学生のブログ

【読書記録】世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド上(村上春樹)

s6792906

認識一つで世界は変化するものなのです。世界は確かにここにこうして実在しておる。しかし現象的なレベルで見れば、世界とは無限の可能性の一つにすぎんのです。…

総体としての人間を単純にタイプファイすることはできないけれど、人間が抱くヴィジョンはおおまかに言ってふたつにわけることができると思う。完全なヴィジョンと限定されたヴィジョンだ。僕はどちらかというと限定的なヴィジョンの中で暮している人間なんだ。

限定的なヴィジョンで理想を切り出しそこを住処に殻を守って生きる男。失った物を都合よく詰め込んだその深層心理空間における調和はしかし、決まった台詞・動きを繰り返すだけのゲーム内の町人が如く心を欠く。無限でありながら、しかしそれは終わりの世界。

関連

【読書記録】ねじまき鳥クロニクル(村上春樹)
「かわいそうなねじまき鳥さん」と笠原メイは囁くように言った。「きっとあなたはいろんなものを引き受けてしまうのね。知らず知ら...

【読書記録】海辺のカフカ (上下)(村上春樹著)
ある種の不完全さを持った作品は、不完全であるがゆえに人間の心を強く引きつける――少なくともある種の人間の心を強く引きつける、...


著者紹介:

高専在籍時にAFSの53期生としてアメリカのオレゴン州で一年間地元の高校に通う。帰国後アメリカのアーカンソー大学フェイエットビル校に編入し2011年に理学士コンピューターサイエンス、2012年に教養学士心理学を修了。2012年秋よりオックスフォード大学にて、博士号課程で計算神経科学を勉強中。色々と大変ですが、常に色んな事に挑戦しながら精一杯頑張ってます。
詳しくは自己紹介ページよりどうぞ^^

follow on facebook follow on line
follow via RSS follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

Aki • 2014年4月6日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

*