オックスフォードな日々

とあるオックスフォード大学院留学生のブログ

【読書記録】バレエ入門(三浦雅士)

41GQX4CD1GL

コスモロジーという言葉があります。ふつう、宇宙論と訳されますが、死生観と訳したほうがいい。自分が生まれて生きて死んでゆくそのことが、世界のなか、宇宙の中でどんな風に意味を持つのか、そのことを納得したい。人間、誰でもそう思っています。こうして宗教や哲学が成立したわけですが、それをコスモロジーといいます。….ダンスは必ずこのコスモロジーに関わる部分を持っているのです。
「ジゼル」も「白鳥の湖」も、この世とあの世を結ぶお話なんだということには気づいていないひとが多いようです。能に夢幻能というものがあります。幽霊という言葉を最初に使ったのは世阿弥だということですが、夢幻能は幽霊のお話です。旅の僧が幽霊に出会って、幽霊が生前の物語を舞って、そして冥界へ帰ってゆく、そういうお話です。

「バレエ入門」というタイトルから、バレエダンサーに向けた手法等を解説する書籍とおもいきや、その内容はこの素晴らしき芸術が如何にして誕生したのか、そして育ち開花したのかという文化的歴史的背景を探求する。「バレエはイタリアに生まれ、フランスで育ち、ロシアで成人しました」と解説されるように、その芸術は時代ごとの人々の価値観や文化の多様性を受け入れながら何世紀もかけて大成されたという。ルネサンスのイタリアにおいて西洋音楽と共に生まれた宮廷舞踊が、ルイ一四世の頃のフランスにおいては体の芸術としてのバレエとなった。しかし、産業革命の結果浸透し始めたジェンダー意識によって男性ダンサーの数は減り、結果急激に廃れていった劇場で女性ダンサーも性産業に取り込まれていったという辛い過去も持つ。こうしてバレエはその芸術的な地位を一度は失った。それでもバレエはロシアの地で返り咲いた。産業革命の進行が遅かったロシアでは「男性が雄々しく踊るという伝統が残っていた」からだという。この土壌でバレエは極められ、「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「白鳥の湖」などで有名なクラシックバレエが花咲いた。その人生はまるで人の人生の如く。イギリスのロイアルバレエをその血を引いている。バレエの鑑賞がより豊かになる一冊。

 

関連書籍

【読書記録】バレエへの招待(鈴木晶)
『コッペリア』以降、パリ・オペラ座は優れたバレエを生み出すことはなかったと述べましたが、実際、二十世紀の初頭には、西ヨーロ...
【読書記録】終わりのない旅 (吉田都)
バレエは、言葉を使わずにストーリーや感情を表現し、伝える芸術です。そして、バレエの物語に登場するキャラクターには、ファンタ...
【読書記録】メイド・イン・ロンドン(熊川哲也)
「天才は変わることが大切だ」モーツァルトを描いた映画『アマデウス』にたしかそんな一節があると、友人から聞いたことがある。...

 

関連記事

バレエという芸術に触れて。イギリスと心の余裕と人生の豊かさ
芸術の街・オックスフォード オックスフォードの町を歩きながら、たまにふと、「芸術」というもののあり方について思いを巡らせる。端...

著者紹介:

高専在籍時にAFSの53期生としてアメリカのオレゴン州で一年間地元の高校に通う。帰国後アメリカのアーカンソー大学フェイエットビル校に編入し2011年に理学士コンピューターサイエンス、2012年に教養学士心理学を修了。2012年秋よりオックスフォード大学にて、博士号課程で計算神経科学を勉強中。色々と大変ですが、常に色んな事に挑戦しながら精一杯頑張ってます。
詳しくは自己紹介ページよりどうぞ^^

follow on facebook follow on line
follow via RSS follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

Aki • 2016年3月19日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

*