オックスフォードな日々

とあるオックスフォード大学院留学生のブログ

2

1941年のオックスフォード大学と1935年の東京

Youtubeで1941年に作られたオックスフォード大学のプロモーションビデオを見つけたので紹介。 そしてこっちは今のオックスフォード大学のプロモーションビデオ。 思った以上に何も変わっていなくて面白い。変わったこととい…

Continue Reading

2

荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」英語版にオックスフォード生

留学していると、簡単に日本の流行にはついていけなくなってしまう。 久しぶりに帰国した時に友達とカラオケに行くと、入れる曲入れる曲どれも「あ、それ懐かしいー!」って言われたり。 ん・・Bump of chickenが懐かし…

Continue Reading

図書館まで徒歩30秒

今僕は所属するカリッジの敷地内に住んでいます。 オックスフォード大学の数多くのカリッジの敷地内には図書館もあって、自分の住んでいるこの創立50年という若さで5本の指に入るようなカリッジも例外ではありません。 特に僕の部屋…

Continue Reading

2

「○○カリッジで電球を変えるのに何人必要?」

オックスフォード大学には39ものカリッジがあって、どの学生も教授もそのうちのどれかに属する。 そして、このカリッジは、ただの「寮」と言うわけではなく、それぞれに違った特徴があったりする。 このシステムをモデルにしたハリー…

Continue Reading

2

オックスフォード大学の一年目は「予備生」

今回は、「オックスフォード大学について」というリクエストが2件あったのでそれについて。 僕はUndergraduateはアメリカだったので、オックスフォード大学の学部課程に関しては簡単に(間違ってるところがあったら教えて…

Continue Reading

2

オックスフォードの入試から一年か。

3月31日という日付を見てふと思い出した。 あぁ、オックスフォード大学の入試のために渡英してからもう一年か。 1年前はまだアメリカの大学生。コンピュータサイエンスの学士はもう取り終わっていて、2つ目の心理学の学士プログラ…

Continue Reading

カリッジのご飯

オックスフォードは、自分の属する学部とは別にカリッジというものが存在する。 ハリーポッターで言うグリフィンドールとかを想像してもらえればとってもわかりやすい。 勉強する場としての学校と、生活する場としてのカリッジって行っ…

Continue Reading

遥かなるオックスフォード

アメリカでの学部時代もそうであったが、イギリスにおいても自己紹介の際に専攻や研究に言及することは至極一般的なことである様だ。大学院にもなるとそんな専攻も細分化され、小さな出会いを通じて学ぶ新しい世界に幾度と無く心を弾ませ…

Continue Reading

1 2