オックスフォードな日々

とあるオックスフォード大学院留学生のブログ

インタビュー企画「オックスフォード大生の素顔」で人工知能について語ってみた。

先日、批評誌「PLANETS」のメールマガジンに連載されている『現役官僚の滞英日記』で、著者の橘宏樹さんと僕の対談が掲載されました(「僕たちは「シンギュラリティ」をどう迎えるのか? オクスフォードで出会った人工知能研究者…

Continue Reading

10

留学生の悩みのアメリカ・イギリス歯医者事情。NHSでルートカナル

昔から食後の歯磨きを欠かしたことはない。歯の表面を舌で触った時にツルツルしていないと、どうしても気になってしまってすぐに磨いてしまう。それなのに、よっぽど虫歯になりやすい体質なのか、今までの8年間の留学生活の間だけで二度…

Continue Reading

3

脳科学や人工知能、理系向けオススメ小説10冊。理系だからこそわかるこの熱さ。

読書の好きな留学生にとって、留学生活は時として非常に辛い。田舎であればあるほど手に入る日本語の本は限られてくるし、あったとしてもその値段は平気で正規価格の2,3倍したりする。hontoなどのオンライン書店を使えばSAL便…

Continue Reading

6

人工知能は心を持つか。ディープラーニングとは?その可能性。

人工知能(AI)という言葉は人によって定義が違います。そしてその意味合いは、時代によっても変わってきます。最近あちらこちらでこの言葉が使われるようになりましたが、これは実は三度目のAIブームだと知っている人は多くはないよ…

Continue Reading

オックスフォード博士課程3年目のConfirmationを終えて残りあと一年。

最近、手帳を持ち歩くことがなくなった。かつては父を真似て、日経ビジネスの茶色の革の表紙に金色でイニシャルが刻印されたちょっとだけ高級な手帳を買って、どのページも予定でぎっしりと埋めることが趣味みたいなところもあった。だけ…

Continue Reading

今日は6時間の停電。イギリスの平均停電時間は日本の4倍。

“Thousands of people across Oxfordshire have been affected by power cuts tonight.” 「今夜、何千人ものオックスフォ…

Continue Reading

3

1956年-祖父のアメリカでの足あと

アメリカのウェブサービスに、ancestory.comというものがある。その名前からも容易に想像がつくと思うのだけれど、これは自分の「ご先祖探し」のウェブサービス。自分の親族の名前や生年月日などを検索してみると、過去の国…

Continue Reading

3

CourseraでGoogle Hangouts On Airを使ったOffice Hour

以前に「留学準備にCourseraは便利」というタイトルで、CourseraというMassive open online course (MOOC)を紹介したのですが、最近ちょっと面白い新しい試みがあったので紹介します。…

Continue Reading

2

留学準備にCourseraは便利

Courseraは、stanford大学のAndrew Ng教授らによって2012年の始めに始まったオンライン学習プラットフォーム。 以前からMITのOpencoursewareとか、大学で行われた講義をオンライン上で公…

Continue Reading

9

情報に踊らされて損をするな

一九九四年に経済学者のブライアン・アーサーにより考案された「エル・ファロル・バー・プロブレム」というものがある。ここにとても良い雰囲気の酒場があるとして、百人の住人がいるとする。例えば、そこに十人の人が訪れたとしたら、彼…

Continue Reading

4

セカンドライフの今

「セカンドライフブームは終わった。」あるいは、「セカンドライフのブームなどそもそも無かった。」などという話をそこかしこで耳にする。しかし一方で、「セカンドライフで流通する通貨の取引高は年間五百億円規模に達し、実に前年比6…

Continue Reading