オックスフォードな日々

とあるオックスフォード大学院留学生のブログ

【読書記録】蝉しぐれ (藤沢周平著)

61UA5+7SS1L

人間は後悔するように出来ておる..

流れ行く水のように、夜も昼も物の命は過ぎて行き、変化する、変わらないものがどこにあろうか..

きっとこういうふうに終わるのですね。この世に悔いを持たぬ人などいないでしょうから。はかない世の中…

「間に合うも間に合わぬも運命」ほんの僅かな時のずれが、小さな誇りが、幼い反抗心が、あとから思い出せばそんな程度でしかないほんの些細な障壁が人の運命を大きく変えていく。もし、あの時自分がこうしていれば、もしかしたら違った未来があり得たかもしれない。そんな後悔を抱きつつ、人は長い長い人生を寝ねがたくしきりに寝返りをうつ。儚い世の中、しかしそれが摂理。それでも皆、一所懸命に自分の人生を生きていく。家族、親友、そして「窈窕たる淑女」への愛憐の情の満ちた一冊。


著者紹介:

高専在籍時にAFSの53期生としてアメリカのオレゴン州で一年間地元の高校に通う。帰国後アメリカのアーカンソー大学フェイエットビル校に編入し2011年に理学士コンピューターサイエンス、2012年に教養学士心理学を修了。2012年秋よりオックスフォード大学にて、博士号課程で計算神経科学を勉強中。色々と大変ですが、常に色んな事に挑戦しながら精一杯頑張ってます。
詳しくは自己紹介ページよりどうぞ^^

follow on facebook follow on line
follow via RSS follow us in feedly Subscribe with Live Dwango Reader

Aki • 2014年7月21日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

*